紙モノの片付け
手紙や書類・取説などはどうやって整理する?

暮らし  | 

ダイレクトメールや会報、公的な書類やチラシなど家には「紙」がたくさん入ってきます。とりあえずちょい置きしてしまうと、いつの間にか積みあがって山になることもあります。紙はいつでも捨てられそうなだけに、整理が後回しになりがちです。

紙モノをため込まない方法と、紙を整理する考え方をご紹介します。

入ってくる紙モノをため込まない方法

ポスト経由で家の中に入ってくる紙モノには、希望しないのに来るものもあります。いらないと判断できればポストから出した手でゴミ箱へ入れましょう。

郵便物には、支払いが必要なものや、提出が必要な書類が届くことがあります。ちょい置きしてしまうと、上にものが積み重なって、行方不明になるかもしれません。できれば、その日のうちに開封して確認する習慣をつけましょう。

テーブルやカウンターの上に、紙モノの山を作らないと心に決めてください

個人情報のある紙モノの捨て方

年金や保険のお知らせのはがきなど、そのままゴミ箱に入れにくいものは、以下の方法をお試しください。

・気になる部分だけをハサミで細かく切ってすてる
・いくつかに破り生ごみと一緒に捨てる
・「個人情報保護スタンプ」を使う

個人情報保護スタンプ は住所や名前などの上に押し、見えなくしてくれるものです。文具店や100均で売られています。

処分したい紙モノが多い場合は、家庭用の電動シュレッダーを導入してもいいかもしれません。差し込むだけで小さくカットしてくれるので、処分が便利になります。家電店で3,000~10,000円 くらいで販売されています。

すでにある紙モノを整理するには?

紙モノはずっと残すものと、新旧を入れ替えるべきモノがあります。

ずっと残すものはあまり出入りがありません、一旦保管したらそのままのことが多いでしょう。しかし、継続的にポストにやってくる紙モノがあります。確認したら処分するか、残す場合は古いものを処分して新しいモノを残すのが基本になります。

「残すべき紙モノ」と「新旧を入れ替える紙モノ」

残すべき紙モノは、

○資産やお金に関する書類
○免許や資格に関する書類
○医療記録や保険の書類
○大切な思い出の紙モノ

新旧を入れ替える紙モノは、

○新聞
○お知らせ
○会報
○年賀状
○カタログ・パンフレット
○取扱説明書・保証書 

新聞は定期的にまとめて処分するのが習慣になっています。
しかし、不定期に来るものに対しては保留しがちではないでしょうか。

年賀状

孫の写真入りのものなど、思い入れのある年賀状以外は、今年のものだけ残し、古いものは処分しましょう。住所録を作っている場合は、処分前に確認してください。

お知らせ

町内会やマンションのお知らせは、必要事項をカレンダーに書き写し、捨てるのが一番早い処分です。面倒な場合は、カレンダーや冷蔵庫に貼って、該当の日が過ぎたら必ず外して処分しましょう。

カタログやパンフレット

旅行会社や通販のカタログは、一度購入するとずっと送られてきます。これらには期限がありますので、最新のものを残して、古いものは処分しましょう。書棚などに置く場所を決め、そこには最新のものだけを入れるようにします。

毎回楽しみに見ているというのでなければ、ひと手間かかりますが、お客様サポートに電話をして、不要な旨を伝えましょう。郵送を止めてくれます。

会報

自分が所属している趣味の会の会報などは、取っておく必要があるケースもあります。これは本人の判断で保管を決めましょう。定期的に送られてくる、出身校の会報やJAFなどの会報は、確認したら処分、期限が切れたら処分という考え方をしましょう。

電気製製品などの取扱説明書や保証書

読まないけれど、捨てられない紙モノの代表は、取扱説明書です。

必要な時に探しやすいように一括して保管がおすすめです。買い替えなどでもうない家電の説明書は処分し、書棚や、ファイルボックスに「説明書入れ」を作ってまとめておきましょう。

スマホやパソコンを使ってメーカーサイトの説明書を見られるという方は、説明書をすべて処分しても大丈夫です。 電気製品などの保証書は、期限内のものは取り置きが必須。期限か切れている保証書は、購入店や購入日の確認になるので保存しておいてもよいでしょう。すでにない家電などの保証書は処分してください。

必要なものや思い出の紙モノは残して

整理や片づけをするといっても、必要なものや思いがあって手放せない紙モノは、捨てなくても大丈夫です。

手紙や初デートの映画の半券、新聞に投稿した俳句が載った切り抜きなどもあるかもしれません。捨ててしまうと取り戻せないものはまとめて箱に入れて、保管しておきましょう。

その際に、必ず、『何が入っているかをわかるように』しておきます。

箱の表に「大切な思い出」と書くのものいですし、「手紙・パンフレット」などシンプルに書いておいてもよいでしょう。

将来ゆっくり時間ができたら、箱を開け一枚ずつ丁寧に見て、昔のことを思い出したり、当時の思い出に浸ったりする時間を持てるのは素敵なことです。

そして、もう手放してもいいかなと思える時が来たら、ありがとうの気持ちで手放しましょう。

まとめ

紙モノをため込まない方法と整理する考え方をご紹介しました。 「ちょい置きしない」を実行すると、今まで山ができていたテーブルがすっきりしてきます。

テーブルがきれいになったら、お茶を飲みながら、パートナーと一緒にたまっている紙モノを見直してくださいね。

ご覧になった方へおすすめの記事はこちら

リビングとベランダの片付け 安全を確保し空間に余裕を作りましょう

片付けは小さなスペースから!冷蔵庫と下駄箱からはじめましょう

洗面所の片づけ方 使いやすさを考えると日々が楽になります!

お風呂とトイレを片付けるシニアにあった使いやすさに見直しましょう